最近の整形事情を知る|脇のトラブル解消で周りも快適

女性

わきが多汗症の手術

美容整形

わきが手術の実態

わきがは美容整形外科で治療することが可能です。しかし「美容整形」として治療する以上は、保険適用とはなりません。一方で、わきがは厚生労働省が病気と認定しているため、一般病院や形成外科にて保険診療が可能なのです。保険診療でわきが治療を行った場合は、美容整形外科で治療した場合と比較しても、費用が半分以下程度に抑えられるようです。ただし保険診療で手術するとことに対しては、医師の技術・体力・モチベーション面など、いくつかの不安要素があります。保険適用を行っている総合病院や形成外科では、わきが治療が2万円以下で行えるところもあります。一方で、わきが治療に30万円以上の費用を必要とする専門クリニックもあります。安いから悪いというのではありませんが、わきが手術に関して保険診療を行っている病院には、患者が殺到することが予想されます。約1時間程度の手術を、安価で何件も行うことに対し、体力的限界やモチベーションの限界もあるのではないかと不安になります。安くても剪除法によって脇の下にメスを入れてしまうと、一生消えない傷がつくことになります。保険適用手術は、美容整形手術と異なり、病気としての「わきが」を取り除くことを目的としています。脇の下の見た目を美しく保つ美容的視点は、重要視されていないと考えられます。しかし、保険適用外で費用が嵩むとしても、美容外科や専門クリニックであれば、脇の下の美しさについて、十分に考慮した治療方法を提供してくれるのです。

ミラドライ

保険診療におけるわきが治療は、基本的に剪除法という方法が採用されています。剪除法は、わきのしわに沿って数センチ切開し、ニオイの元となるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などを取り除きます。これは数あるわきが治療法の中でも、もっとも確実な治療と言われていますが、場合によっては大きな傷が残ることが問題視されており、術後にはニオイではなく、その傷跡に悩む人も少なくないようです。剪除法はわきが治療には最も確実な方法ではありますが、わきの下を見れば手術をしたことが一目でわかります。その点を考えずに、安易に保険診療による治療に踏み切るべきではないでしょう。また剪除法に限らずとも、わきが治療に再発はつきものです。特に成長段階で剪除法を行うと、万が一取り残しがあった際には、汗腺の成長にともない、アポクリン腺が再発してしまうことがあるようです。再発することで、再度剪除法を行ってしまうと、さらに脇の下に傷がつくことになります。また、一度手術した皮膚は固く、手術の難易度が各段に上がりますので、再々発を繰り返す人もいるようです。そうならないために、最初の手術で高い技術をもった医師にお願いするのが、剪除法を選ぶ際のポイントとなるのです。また費用の面で余裕があるのであれば、剪除法でなくとも方法はあります。その一つがミラドライという方法です。ミラドライは、マイクロ波エネルギーを利用してアポクリン腺とエクリン腺の機能をなくしていくもので、剪除法と同等程度の効果を得られる人もいるようです。それに加えて傷を残さず、術後のダウンタイムも短いという非常に画期的で将来性のある治療法です。ただしミラドライも再発の可能性はありますし、再発の場合は、初回手術と同じ費用が必要となるようです。

Copyright© 2015 最近の整形事情を知る|脇のトラブル解消で周りも快適All Rights Reserved.